Google誕生 – ガレージで生まれたサーチ・モンスター

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

Google誕生 – ガレージで生まれたサーチ・モンスター

Google 誕生から現在に至るまでの発展物語に興奮したが、本当に知的興奮を持って読んだのは最後の章のこれからの Google がなしえようとしている箇所である。Google がこれから提供するであろうサービスに驚いた共に、これはとんでもないことになるなぁというような、来る未来が想像もつかない世の中になるであろうことに思いをはせていた。

自分を知ることが一般になる

Google は遺伝子工学や分子生物の分野でものすごい開発に力をいれており、ヒトゲノムの解読から様々な生物の遺伝子解明に取り掛かっている。それによって近い将来、自分がどういう体質の人間か、自分の遺伝子はどういう特徴があるのか、自分にあった薬から食事まですべて個々にカスタマイズされる。医療が一つまた上のレベルに達するであろう。

自動翻訳が当たり前に

れは Google が提唱している開発の一つでまず使っている言語に関係なくインターネット側に蓄積されている厖大な知の世界にアクセスできるようにした。そしてその次のレベル、個々が使っている言語を意識することなくコミュニケートできるようにしようという試み。

今現在での Google の検索結果などの自動翻訳はすごいレベルだが、きっと近い将来、こちらで自分の言語をあるデバイスに話すなり書くなりインプットすると、反対側の相手からはその人の言語となって自分のインプットした情報が、自動的に相手側の言語に翻訳されて、お互いスムーズにコミュニケートできるようになる可能性はある。

長い時間をかけて、これから地球は一つの国家に仕上がってゆく。世界政府というものの存在などまだ想像できないが、もし人々がお互いの言語を意識することなくコミュニケートできたときにはまず人々に意識がどのように変わるのか、見てみたい。

新しいエネルギー源の開発

界のどこからでもどこにいても、たとえ秘境の地、アマゾン奥地や、砂漠中央、他大自然のど真ん中にいようともコンピューターにアクセスできるようになる。Google は太陽光を利用した新しいエネルギー源の開発にも力を入れており、将来的には無線で双方ネットワークに繋がるような、地球レベルで活用できるコモデティーの開発を急いでいる。Google の世界中に散らばる何十万というサーバーの消費エネルギーはこれで解決される。

超小型デバイスを脳内へ

ち運びができる小さなデバイスをもって、人類はいつでもどこにいてもその地理的条件に関係なく、インターネットのあちら側の知の世界にアクセスできるようになる。そしてそのデバイスは超小型化を極め、いつしか人間の脳内に直接埋め込むようになり、人間の左脳の能力はすべて超小型コンピューターを利用して活かすされるようになり、人類は右脳という直感や第6感、インスピレーション、胸騒ぎなどの部分が発達してゆくことになる?!

当たり前のように行われている知識の習得、という意味のある行動がなくなる。すでにあるたくさんの情報、インフォメーションは巨大なデーターベースにアクセスすることによってすべての人間の機会がフラットになる。

人類のすべての人間がもう一つ上のレベル、インテリジェンスという知性の域まで達するのか? これらのことが意味する本当の真意とはなんであろう? 人類すべての人々が知の世界に平等にアクセスする機会は限りなく民主主義的に人類を発達させてゆくのか? 村上龍氏の「愛と幻想のファシズム」を思い出してしまった。民主主義と医学の発達が人類の人口を増やしたと。弱者を増やしたと。

子供の頃、殺されずにすんだ運、病気に打ち勝つ体、殺し合いに生き残る力。その3つがないものは弱者なのだよ。

まさに Google 概念は弱者を増やす機会を人類に与え続ける。しかしその先はどうだろう? 僕の直感だが、限りなく人類が平等に知へのアクセスを手にいれ、民主主義的な世の中になったあと、人類は再び狩猟社会に戻るのではないか?

超近代的な狩猟社会

の根拠は? 人類は知へのアクセスをつかんだことは、一見するとプラス材料を手に入れたかに見える。だが実はすべての人々に知へのアクセスがあるという状態は逆にいえば、すべての人間が平等というか何にもないフラットな状態だといえないだろうか?

何もないフラットな状態。人類はプリミティブな世界に戻る? 超近代的な適者生存、自然淘汰が行われるプリミティブな世界。原始的な世界で人類が採用してきた生きるシステムは狩猟。農耕などの奴隷的システムが登場するずっと前の社会。超近代的な狩猟社会とはどんな世界だろう? 想像できない。

村上龍氏のエッセイに書いてあったのだが、次の社会システムがあるとしてその社会システムに一番フィットする、適応するであろう民族はアフリカ人らしい。飢饉に殺し合い、自然災害と次の社会システムのなかで起こりうるすべての要素を今現在経験しているかららしい。だとすると、アフリカ人は次の社会システムへ適応するために今現在進化していることになる。

持ち株売却でのポリシー

そんなわけで、その月のグーグルの株価が上がっていようが下がっていようが、スケジュール通り、二人ともそれぞれ同じ日に同じ数の株を売るというのもなかなか良い方法だ、と思ったのだ。これによって、二つの問題を避けることができた。

まず自動的に株が売却されるので、二人が内部の機密情報に基づいて株を売買したかもしれないといった疑問が持ち上がりようがなかった。第2に、二人の持ち株の一部は確実に現金化されることになるから、たとえどんなことが起ころうとも二人には、そして二人の家族は、万一の時に必要になる以上のお金を確保しておくことができた。

元々 Google の二人は株式発行の前、なるべく多くの人にその機会が与えられるようにといろいろなことを試みていた。二人の株式を定期的に売却するという行為はその延長線上と思われる。二人のもっている株を市場に出すことによって多くの人がそれらの株を購入できる。

人類の寿命は延びる?

自分自身の生物学的な生態を知り、それと病気や生活習慣とがどう関係しているかを理解することは何より重要だ。グーグルがあれば、自分自身の遺伝子を理解できるようになる。グーグルにはこういったことをすべて行う能力があるし、わたしがラリーとサーゲイと話したときにも、その点については十分に議論を重ねた。

もしかしたら Google は人類の寿命を延ばすかもしれない。将来的には100歳は早死にの分類へ、そして人は150歳ぐらいまで普通に生きることができるかもしれない。

検索エンジンと解への道筋

たぶんいつか脳に差し込むだけでグーグルの小型版が取り付けられるようになるよ。ぼくたちは、かっこいいのを開発しないといけないな。でもそれがあったら、世界中の知識をあっとい間に全部手に入れられる。なんだかわくわくしちゃうな

日本のアニメで「ゴクウ」というのが確かその昔あったよな? その主人公の片側の目はコンピューターになっていて世界中のコンピューターと繋がっている。やっぱり悪用する人がでてくるだろう。人の殺し方マニュアルからあらゆる爆発物製造に関するマニュアルや、金融犯罪などの手口など、ありとあらゆる知識が利用可能となれば、やはり殺し合いは起きるだろう。

超近代的狩猟社会は人間社会の人口の淘汰が始まる。それによって生物学的に人口の調整が行われ人類は新しい社会への適応を進めていく。

役に立つ人間になりなさい

このようなパブリックな考え方はアメリカの発明家の伝統でもあり、エジソンの母親が「役に立つ人間になりなさい」( Be a useful man. )と息子に言っていたことはよく知られている。

グーグルの二人も、自分達だけのために行動していては必ず限界に突き当たることがわかっていた。大きなことに挑戦するには、多くのひとたちを巻き込まなければならない。そうすることで自分たちはさらに好きなことができるし役立つことができる。

自分の情熱にかけること。情熱をもって行えることに励むこと。

LINEで送る
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes