ありがとう、中田英寿!!


ありがとう、中田英寿!!

はっきり言ってビックリした。えー、と思ったが中田英寿のホームページへ行って内容を読んで納得。あのピッチでのなにか思いつめるような走り込みは、このような決意が心の中にあったからなのだろう。ブラジル戦での最後の10分間での走りは、今思えばどこか悲壮感さえ漂っていたような感じがする。

自分の思いが他の選手へ結局最後まで伝わらなかったなぁ、というような失望感とともにこれで自分も最後となるであろう達成感が入り混じった表情でのあの最後の足が止まったとおもわれる状態からのラスト10分ぐらいの中田英寿のピッチでの走り。

すでに彼の心の中には答えが出ていた。ピッチでくずれ完全に自分を出し切った姿は、決勝トーナメント初戦、準々決勝の試合の数々でみられた他の完全燃焼をした選手たちと一緒だった。今現在の日本代表の中ではその姿勢を唯一知る存在であった。中田英寿のピッチでの表情の写真やその他の中田英寿が泣いていたという記事を読んで、僕も泣いてしまった。

そして今日の引退ニュース。中田英寿公式サイトにいって引退表明文章を読み、また泣いてしまった。でも中田英寿が納得しているので満足。このほうがこれから始まる新生日本代表にはいいのかもしれない。いや、サポーターを含めた日本サッカー界にはいいと思われる。

きっと中田英寿が2010年までやってくれるだろう、中田英寿が次も日本代表を引っ張っていってくれるだろう。このような安易な考えの他人任せでは日本のサッカーは成長しない。誰かがリーダーになる必要があるし、もう甘えは通用しない。

この意識を日本人に植えるかたちのような格好で引退してゆく中田英寿の姿はすばらしい。きっと彼なりのこれからの日本サッカー界、日本社会に向けての成長を促す判断であり、彼なりの思いやりなのかもしれない。

アトランタオリンピックではじめて中田英寿という選手の存在を知ってから本当にあっという間だった。1998 FIFAワールドカップ、その後イタリアの AC ペルージャへの移籍。彼が海外へでて、その活躍を見るたんびに何度こちらは勇気をもらったことだろう。生きる勇気、こちらも海外の生活で戦うぞ、となんど感動させてもらったことだろう。

日本サッカー界、スポーツ界、日本社会全体には衝撃を与える引退だが彼の決意は尊重すべき。今は本当に今までありがとうというのが彼への当たり前と思われる御礼である。これからは他分野でも活躍されることと思われるが、きっとそこでも先頭を走っているんだろうなぁ。

僕たちはその姿を想像し、信じ、自分もいつか出会うであろう中田英寿との出会いを、そのときに自信を持って自分を前に出せるよう、自分達も新たな成長へ向かってそれぞれの分野で走り続けなければいけない。君がピッチで走る姿、戦う姿はほんとうにすがすがしかった。ありがとう!!

~ 1985 年 12 月 1 日 – 2006 年 6 月 22 日~

俺が「サッカー」という旅に出てからおよそ 20 年の月日が経った。8 歳の冬、寒空のもと山梨のとある小学校の校庭の片隅からその旅は始まった。あの頃はボールを蹴ることに夢中になり必死でゴールを決めることだけを目指した。そして、ひたすらゲームを楽しんだ。サッカーボールは常に傍らにあった。この旅がこんなに長くなるとは俺自身思いも寄らなかった。

山梨の県選抜から関東選抜、 U - 15 、 U - 17 、ユース、そしてJリーグの一員へ。その後自分のサッカー人生の大半を占める欧州へ渡った。五輪代表、日本代表へも招聘され世界中のあらゆる場所でいくつものゲームを戦った。サッカーはどんなときも俺の心の中心にあった。サッカーは本当に多くのものを授けてくれた。喜び、悲しみ、友、そして試練を与えてくれた。

もちろん平穏で楽しいことだけだったわけではない。それ故に、与えられたことすべてが俺にとって素晴らしい “ 経験 ” となり、“ 糧 ” となり、自分を成長 させてくれた。半年ほど前からこのドイツワールドカップを最後に約 10 年間過ごしたプロサッカー界から引退しようと決めていた。何か特別な出来事があったからではない。その理由もひとつではない。

今言えることは、プロサッカーという旅から卒業し “ 新たな自分 ” 探しの旅に出たい。そう思ったからだった。サッカーは世界で最大のスポーツ。それだけに、多くのファンがいて、また多くのジャーナリストがいる。選手は多くの期待や注目を集め、そして勝利の為の責任を負う。

時には、自分には何でも出来ると錯覚するほどの賞賛を浴び時には、自分の存在価値を全て否定させられるような批判に苛まれる。プロになって以来、「サッカー、好きですか?」と問われても「好きだよ」とは素直に言えない自分がいた。責任を負って戦うことの尊さに、大きな感動を覚えながらも子供のころに持っていたボールに対する瑞々しい感情は失われていった。

けれど、プロとして最後のゲームになった 6 月 22 日のブラジル戦の後サッカーを愛して止まない自分が確かにいることが分かった。自分でも予想していなかったほどに、心の底からこみ上げてきた大きな感情。それは、傷つけないようにと胸の奥に押し込めてきたサッカーへの思い。厚い壁を築くようにして守ってきた気持ちだった。

これまでは、周りのいろんな状況からそれを守る為ある時はまるで感情が無いかのように無機的に、またある時には敢えて無愛想に振舞った。しかし最後の最後、俺の心に存在した壁は崩れすべてが一気に溢れ出した。

ブラジル戦の後、最後の芝生の感触を心に刻みつつ込み上げてきた気持ちを落ち着かせたのだが、最後にスタンドのサポーターへ挨拶をした時、もう一度その感情が噴き上がってきた。そして、思った。どこの国のどんなスタジアムにもやってきて声を嗄らし全身全霊で応援してくれたファン ―― 。世界各国のどのピッチにいても聞こえてきた「 NAKATA 」の声援 ―― 。

本当にみんながいたからこそ、 10 年もの長い旅を続けてこられたんだ、と … 。サッカーという旅のなかでも「日本代表」は、俺にとって特別な場所だった。最後となるドイツでの戦いの中では、選手たち、スタッフ、そしてファンのみんなに「俺は一体何を伝えられることが出来るのだろうか」、それだけを考えてプレーしてきた。

俺は今大会、日本代表の可能性はかなり大きいものと感じていた。今の日本代表選手個人の技術レベルは本当に高く、その上スピードもある。ただひとつ残念だったのは、自分たちの実力を 100 %出す術を知らなかったこと。それにどうにか気づいてもらおうと俺なりに 4 年間やってきた。時には励まし、時には怒鳴り、時には相手を怒らせてしまったこともあった。

だが、メンバーには最後まで上手に伝えることは出来なかった。ワールドカップがこのような結果に終わってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。俺がこれまでサッカーを通じてみんなに何を見せられたのか、何を感じさせられたのか、この大会の後にいろいろと考えた。正直、俺が少しでも何かを伝えることが出来たのか … ちょっと自信がなかった。

けれどみんなからの mail をすべて読んで俺が伝えたかった何か、日本代表に必要だと思った何か、それをたくさんの人が理解してくれたんだと知った。それが分かった今、プロになってからの俺の “ 姿勢 ” は間違っていなかったと自信を持って言える。

何も伝えられないまま代表そしてサッカーから離れる、というのはとても辛いことだと感じていた。しかし、俺の気持ちを分かってくれている “ みんな ” がきっと次の代表、 J リーグ、そして日本サッカーの将来を支えてくれると信じている。だから今、俺は、安心して旅立つことができる。

最後にこれだけは伝えたい。これまで抱き続けてきた “ 誇り ” は、これからも俺の人生の基盤になるだろうし、自信になると思う。でもこれは、みんなからの “ 声 ” があったからこそ守ることが出来たものだと思う。みんなの声を胸に、誇りを失わずに生きていく。そう思えればこそ、この先の新たな旅でどんな困難なことがあろうと乗り越えていけると信じられる。

新しい旅はこれから始まる。今後、プロの選手としてピッチに立つことはないけれどサッカーをやめることは絶対にないだろう。旅先の路地で、草むらで、小さなグラウンドで、誰かと言葉を交わす代わりにボールを蹴るだろう。子供の頃の瑞々しい気持ちを持って ―― 。

これまで一緒にプレーしてきたすべての選手、関わってきてくれたすべての人々、そして最後まで信じ応援し続けてきてくれたみんなに、心の底から一言を。“ ありがとう ”


Powered by WordPress. Designed by WooThemes