ここだけの話ですが、30年近くお世話になったケーブルテレビを解約しました


ここだけの話ですが、30年近くお世話になったケーブルテレビを解約しました

今から約30年前、1988年8月22日、当時19歳の私はアメリカへ留学することになりました。円高になり始めの頃、誰もが気軽に留学できる時代の始まりです。行った先はノースカロライナ州シャーロット。大学付属の英語学校へ通うため、大学キャンパス内の一般学生寮へ入居して私の英語漬けの生活が始まります。

ルームメイトはアメリカ人3人。白人を見れば、”あっ外人だ”って思っていた一人の若造(私です)がいきなり白人の東部アメリカンエスタブリッシュメント系の典型的アメリカ人との生活。その一人がリビングルームで何かのスポーツをテレビ観戦しています。その瞬間が人生で初めて体験したケーブルテレビとの出会いでした。

日本では東京に住んでいたので、テレビのチャンネル数は多いとしても7から8チャンネルぐらいですか。NHKと民放各局の放送といったかたち。アメリカのテーブルテレビだとチャンネル数は100以上です。24時間365日、スポーツ専門のチャンネル、ニュース専門のチャンネル、音楽専門のチャンネル、映画専門のチャンネルなどなど。

英語に慣れるためリスニング強化、スポーツはじめ、ニュース、映画、ドラマなど積極的に活用していました。キャプションサービスなるものも重宝しました。所謂字幕サービスです。話しているダイアログがテレビ画面にちょっとの間をおいて、もしくは話すのと同時のタイミングで映し出されます。聞き取れない箇所は、あぁ今のはこのように言っていたのかぁ、と。英語を母国語としない私には有難いサービスです。

このようにして私はアメリカのケーブルテレビ文化にすっかり馴染んでおりました。しかし、ケーブルテレビの契約を今回終了してしまいました。理由は単にテレビを観なくなったから。多くのスポーツ中継はYoutubeでダイジェストかハイライトを観るだけになり、ニュースなどはインターネットで充分。

テレビっ子だった自分がテレビを観なくなるとは想像していませんでした。30年近くお世話になったわけです。インターネットの影響力って改めてすごいなぁ、と。HuluやNexflixが流行しているのも頷けます。ケーブルテレビよりも月額利用料金安いですし。リビングルームに大きなテレビとオーディオセットを置いておく、というスタイルは時代遅れなんです。

今はスマートフォンで動画を楽しむスタイル。音楽もワイヤレスヘッドフォンで充分。ホームシアターは一部のオーディオマニアが支持し続けるでしょう。テレビを囲んでスポーツ中継をみんなで楽しむ、ということはあるかもしれませんが、テレビが家族団欒の中心であった時代は過去の出来事になってしまいました。

じゃ、ケーブルテレビを解約して空いた時間に何するの?ということですけど、本を読む時間が増えたような気がします。読書の習慣は小学生の頃から続いているんですが、テレビを受動的に観るって行為は、知的に、能動的に、自分の脳ミソを活用する、という知的筋トレには繋がらないですし、あんまり自分でも観た番組、記憶に残らないというか、印象に残らないというか。受動態から能動態へ自分の生活スタイルを変化させる。

私の生活空間で起こった小さな出来事ですが、今後、大きなインパクトを与えてくれそうな予感がします。新しいこと、学んでみたいなぁ、という勉強意欲も湧いてきました。リビングルームもこれで広くなるし・・・


Powered by WordPress. Designed by WooThemes