アマゾンは社会のインフラを変えようとしている


アマゾンは社会のインフラを変えようとしている

12月に入りいよいよクリスマスシーズン到来、ショッピングでお金を散財する季節となりました。先月から始まったブラックフライデー、サイバーマンデーと小売業としてはこの短い消費合戦で1年分の売り上げを稼ぐぞ、と気合を入れているかもしれません。しかし、それはほんの数年前までのお話。今はアマゾンでほとんどの買い物を済ませてしまう、という時代なんです。

私の場合、欲しいものがあればまずグーグルで検索するよりもアマゾンで検索することの方が多くなりました。色々と選択肢をディスプレイに表示してくれて、価格からレビューまで参考になる情報が手軽に入り、その瞬間買い物の決定をしなくてもお気に入りリストに登録しておけばいつでも再びアクセスできる便利さを提供してくれるアマゾン。快適すぎます。

第2本社はニューヨークとアーリントンに決定

ニューヨークのランドスケープがまた新しくなりそうです。クイーンズ地区ロングアイランドという場所は不動産開発が進んでいて、新しいマンションやら商業ビルディングが建設ラッシュ状態です。ここへアマゾンが第2本社を置くということですから、お金、モノ、人が集まる場所へと進化していきそうです。グーグルもニューヨークでのプレゼンス、拡大する予定ですし。

アマゾンは何を目指しているのでしょうか?

アマゾンは何を目指しているのでしょう。私は社会のインフラを変えようとしているのだと思います。モノの提供をシームレス化する。水・電気・ガス、というような社会インフラの一部になる、当たり前の社会インフラとして人々の生活スタイルになくてはならない存在となること。ここがアマゾンがたどり着きたいと目論んでいる戦略ではないかと感じています。

気軽に欲しいものの選択肢を広範囲で教えてくれるアマゾンからの誘惑に対して、自己制御するのは大変なことになりつつあります。消費は本能ですから。消費の入り口と出口をアマゾンは今確実に抑えつつあるように感じているのは私だけでしょうか。入り口にはAlexa(アレクサ)とAmazon Go(アマゾンゴー)が存在しています。出口にはアマゾン、運輸業への参入という計画を掲げています。

ゼロ・クリック・オーダー、キャッシュレス決済

皆さんはアマゾン・ダッシュというサービスをご存知でしょうか。ボタン一つ押せば、毎日使う日用品を補充てくれるサービスです。無くなってきたなぁ、と思ったら洗濯洗剤のボタンを押す、ペーパータオルのボタンを押す、歯磨き粉のボタンを押す、コーヒー豆のボタンを押す、飲料水のボタンを押す、などなど。自分のお気に入りのブランドを登録しておけば、あとはアマゾンが全部やってくれます。

Alexa(アレクサ)はその内家族の一員になってしまいそうです。今アレクサに繋がっている家電製品が増えつつあり、アレクサ、電気をつけて!アレクサ、テレビがみたい!アレクサ、ちょっと寒いまたは暑い(エアコンなど作動)、アレクサ、料理して!(電子レンジ作動)、など人の代わりにアレクサに繋がった家電製品が快適感を提供してくれます。気がつくとアレクサはあなたの生活パターンを一番知っっている存在になるかもしれません。

Amazon Go(アマゾンゴー)はレジの無いコンビニエンス・ストアです。店舗内にある商品を手にとってそのまま外へ出ていき、清算はアプリで後から課金される仕組み。財布を持って歩かなくてもよくなる未来が待っています。Whole Foods Market(ホールフーズ)を買収してスパーマーケットでもレジ無しを目指すアマゾン。近い将来、物理的な買い物もアプリで清算ということになるでしょう。私はスタバーではすでに現金ではなくアプリで支払っています。

受注した商品もアマゾンがお届けします!

「GAFA・四騎士が創り変えた世界」著者、スコット・ギャロウェイ氏によると、アマゾンは運輸業への参入を進めているそうです。空・陸・海、をドローン、ボーイング757・767、トラクター・トレイラー、太平洋横断海上輸送などを利用して物流インフラストラクチャーを構築しつつあるのです。海上輸送業者の免許は連邦海事委員会から2016年に与えられ、これによりアマゾンは他社の商品も配送することができるようになりました。完璧です!

中古モノ、セカンドハンドモノの市場も面倒な梱包など配送も清算などもアマゾンがやってくれると、ここも一気にアイドリングエコノミーの恩恵を受けることになりそうです。住居や、車、人々の時間といった自分が一時的に所有しているモノを、一時的に欲しいる他者に提供する。ここに自分が所有しているモノが加わるのです。アマゾンなら出来そうです!、か?


, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes