イチローの凄さ、その3 – 7年連続200本安打、おめでとう!


イチローの凄さ、その3 – 7年連続200本安打、おめでとう!

米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー外野手( 33 )は 3 日、当地のヤンキースタジアムで行 われたニューヨーク・ヤンキース戦で 7 年連続の年間 200 安打を達成した。大リーグ史上 3 人目、歴代 2 位で、 1983 年から 7 年連続のウェード・ボックス に並んだ。

歴代 1 位はウィリー・キーラーが 1894 年から 1901 年にかけてマークした 8 年連続。デビュー年から 7 年連続は初めての快挙で、大リーグ 1 年目から昨シーズンまでの安打数は 242 、 208 、 212 、 262 、 206 、 224 。今季 200 安打まであと 2 本と迫っていたイチローはこの日、 1 番中堅で先発出場。 1 回にロジャー・クレメンス投手から右前打、 3 回に右翼へ本塁打を放って大台に乗せた。

見事なホームランでした。打った瞬間というやつ。相手投手がロジャー・クレメンスだけにイチローも嬉しいだろうなぁ。ニューヨーク・ヤンキースファンがホームランボールを投げ返したとかで、本人にその200本目のボールが届いたというし、めでたしめでたし。

今年のイチロー、シーズン初めから去年までのライトではなくセンターを任されているせいかチーム内での自分の存在に自信を深めている感じがしていた。フライの処理でも “ 俺が取る! ” というジェスチャーをよく見かける。

あの松坂大輔との最初の戦いの試合舞台でみせた今年のシアトル・マリナーズの戦いぶりをみて “ もしかしたら今年はシアトル・マリナーズ、いいところまで行くんじゃないか ” 、と勘違いさせたほどで残念ながらチームはここへ来て失速してしまった感があるが、イチロー自身の話をするならば、自分のパフォーマンスには満足しているはず。

メジャーリーグ初の MLB オールスターゲームでのMVPを獲得したこともあり、アメリカ文化の一つ、メジャーリーグで自分の位置を確立したことに対して自分自身への深い誇りと周囲に対する感謝の気持ち、リーダーとしての自覚が日々増していることと思う。

自己管理に厳しい人なんだろうなぁ? 数字を見ていると2年目(208)と5年目(206)に苦しんでいたのがわかる。2年目、3年目はきっと最初のアメリカ生活1年目の緊張感がなくなりちょっとでも油断するとすぐに野球に対する集中力がなくなるような状況だったに違いない。まだメジャーリーグ生活の対して手探りの状況だったのかもなぁ。

そして4年目はチームがどん底の状況で、イチロー一人奮起したシーズンであった。チームのまとまりのなさに怒りを感じどうしようもない状況の中、かえって一人塁に出ることだけに集中できたのが良かったのか? それがあの大記録に繋がったのだと思う。

5年目はきっと大記録の後モチベーションをいかにして保っていくかに随分と苦労したんじゃないかなぁ? そして去年はワールド・ベースボール・クラシックで優勝し、今年も MLB オールスターゲームでのMVPと、なにか自分の方向性というか野球に対するこれからアメリカでやっていく姿勢みたいなものがイチローの中で自信と共に確立されたんじゃないかと思う。

シアトル・マリナーズとの長期契約もその助けになっているはずで、これでぐーんと精神的に楽になったはず。余計なこと考えなくていいからね。今年たとえプレーオフ進出できなくても、イチローの中でリーダーとしての自覚がすこしずつ進化し始める最初の年になったんじゃないかなぁ?

勝ち続けるとはどういうことか?

プレーオフに進出して10月頃までメジャーリーガーとしてプレーしていることの意味はどういうことか? こういうことを周りの若手選手にうまく伝えられるようになっていけば、シアトル・マリナーズはもっとまとまった良いチームになれる。イチローはまだまだ進化するであろう!


,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes