ウェブ進化論 – 本当の大変化はこれから始まる、その2- 「こちら側」と「あちら側」


ウェブ進化論 – 本当の大変化はこれから始まる、その2- 「こちら側」と「あちら側」

インターネットの「こちら側」と「あちら側」の定義はとても興味のある内容である。これは今後の日本経済の行く末を読み取るヒントになりはしないか? 「こちら側」を主体において物事、製品開発などを進めていく日本産業、いわゆるものづくり社会。

インターネットのバーチャルな世界でことが進む「あちら側」の世界。アメリカや中国、そしてインドが中心となってそこで立ち上がる産業がついには「こちら側」の世界にも多大な影響も与える存在へと成長してゆくであろう。

ネットワーク・コンピューター

ネットワーク・コンピューターという構想が提唱されたのは1995年ごろ。ビル・ゲイツの独り占めに対抗するべく打ち出された500ドル前後の価格のコンピューターだが、あの頃はマイクロソフトがその産業的タイミングにばっちり乗り出していたために、誰もが憧れた構想だが、結局はマイクロソフトの前にいつの間にか消えてしまった。

しかし、 Web 2.0 などの技術革新が進む世の中。マイクロソフトのオフィスシリーズのソフトウェアと同じようなソフトウェア(ajaxWrite、ajaxXLS、ajaxSketch、ajaxTunes)をネットの「あちら側」で利用できる時代。もうすこしでネットの「あちら側」に Windows のようなオペレーティングシステムが登場する。

そうするとあのネットワーク・コンピューターが実現することになる。この事実、このインパクトは物凄いものになるであろう。そしてこの事実が与えるであろう真実を研究することによって、その後に控えているとてつもない社会の大変化に対して個人はじめその社会から国までもが有利に展開できる可能性を秘めている。

ページランク・アルゴリズム

権威ある学者の言説を重視すべきだとか、一流の新聞紙や出版社のお墨付きがついた解説の価値が高いとか、そういったこれまでの常識をグーグルはすべて消し去り、「世界中に散在し日に日に増殖するウェブサイトが、ある知についてどう評価するか」というたった一つの基準で、グーグルはすべての知を再編成しようとする。ウェブサイト相互に張り巡らされるリンクの関係を分析する仕組みが、グーグルの生命線たるページランク・アルゴリズムなのである。

これを民主主義的と解釈するならば、その対に存在するエスタブリッシュメント側からの反発もあるであろう。権威は伝統につながり、そうやすやすと人々はその利権を手放さない。Googleの快挙はもしかしたらいままで権威に対して抵抗する手段を持たなかった大多数のマジョリティーに力を与えたことなのかもしれない。

「あちら側」に置かれた情報

そして今や、「こちら側」に置いた情報を「こちら側」で処理するコンピューティング・スタイルよりも、「あちら側」に置かれた情報を「あちら側」に作った情報発電所で処理するほうが高性能かつ合理的だというコンセンサスがうまれつつある。

YouTube というサイトはご存知だろうか? これはそのサイトのサブタイトルからもわかるように、 Broardcast Yourself 、つまり「自分自身をブロードキャストしてしまえ!!」というようなサイト。自分で取ったさまざまな映像などをこのサイトにアップロードして世界中の人に見てもらおう、という仕組み。これの使われ方がすごい。

若い世代と僕らの世代(10代の頃、インターネットやパソコンが身近になかった)では使い方が違うらしい。僕らの感覚だとテレビなどから提供される様々な自分にとって価値ある情報は記憶媒体などに収める。ビデオ、 DVD レコーダー、 CD-R 、その他を使って。

先月の 2006 FIFA ワールドカップ ではビデオを20本ちかく使って録画していた。僕はまだ DVD レコーダーを持っていない。しかし、若い世代の感覚というのは仮にテレビでその番組内容を見逃してもネットから探してみればいいや、という感覚らしい。

どういうことかというと YouTube などから発信されるダイジェストを見てもいいし、どこかに存在するであろう、という感覚。実際、最近に起こった日本のコメデェアン「極楽とんぼ」の解雇事件。これを僕は YouTube を使って日本のニュースを見た。その他にも今流行らしい? 日本の人気グループ「 KAT-TUN 」もこの前 YouTube 内をサーフしていて偶然見つけた。

自分で「こちら側」に録画して自分の元にとっておかなくても、ネットの「あちら側」に誰かが取っておいてくれるので見たくなったらいつでも探しにいってみればいい、という感覚の違い。この若い世代がマジョリティーになった場合、日本の「こちら側」を意識してものを作っているメディア媒体企業はどうなるのであろう? この真実の意味するところは大きい。

Google AdSenseで生活の糧を得る

上から下へとどっと金を流し大雑把に端末を潤す仕組みに代えて、端末の一人一人に向けて、貢献に応じてきめ細かくカネを流す仕組みを作ろうとしている。

Google AdSense を利用している経済的環境は、現在のところ英語圏が際立っている。しかし、今後中国はじめスペイン語圏の人たちが、現在の英語圏の人々と同じようなインターネット環境を手にいれ、人々の情報発信能力が高まった時に、 Google AdSense の需要はとてつもなく高まるであろう。

そして、英語をはじめ中国語やスペイン語で情報を発信できる人たちにとって Google AdSense は、とてつもない武器になろう。とくに経済の発展していない多くのスペイン語圏で仮に Google AdSense で毎月数百ドルの収入を得ることは毎日の生活の安定に繋がるおそるべし経済的なインセンティブになる。

集団の知的パワー

しかしモチベーションの高いメンバーだけで構成される小さな組織で、すべての情報が共有されると、ものすごいスピードで物事が進み、それが大きなパワーを生む。仕事の生産性が著しく向上する。誰かが提示した問題点が別の誰かによって解決されるまでの時間や、面白いアイデアが現実に執行されるまでの時間は、ときに数分という場合さえある。

情報を共有する環境の中では、自分が1の情報、知恵しか身につけていなくても、同じモチベーションをもった集団があつまれば、たとえ一人一人が1の情報、1の知恵しか提供できなくても、それが10になり100になり、1000になり、というように集団の知的パワーが格段とスーパーの領域に達するのだと思う。

島を開放的空間とするための仕掛け

サービス提供者の立場でいけば、アマゾン・ウェブサービスのように、自社が持つデーターやサービスを開放し、不特定多数の人々がその周辺で自由に新しいサービスを構築できる構造を用意することが、 Web 2.0 の本質だ。孤島を作って閉鎖的空間を作るのではなく、島を開放的空間とするための仕掛けを用意するのである。

価値あるデーターを手放すのに抵抗のある企業には勇気のいる決断であろうが、その可能性を充分に理解している企業にとっては大衆に自社ブランドを知ってもらうための価値ある機会だといってもいい。そしてこの価値あるデーターは何も企業だけに期待することはない。国が保管している価値あるデーターで国民の役に立つものはないだろうか?

気象、財務、健康などのさまざまなデーターを使い、それを便利な形で「あちら側」に構築し、人々のサービスへのアクセスが容易になった時に、そのコストは限りなくゼロに近いものになるであろう。なぜならば国の提供する価値あるデーターは無料(多分?)であり、それを使って構築する「あちら側」のサービスを作るための人件費だげがコストだから。


, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes