ユーチューブを始めよう!シネマティック動画?憧れます!


ユーチューブを始めよう!シネマティック動画?憧れます!

ユーチューブで他の人の動画を観ていると出てくるフレーズ、シネマティック!聞いたことあります?映画風に動画撮影ということらしいんですけど・・・24フレームで撮影しろとか、動画編集の際、カラーグレード、カラーコレクションを施してシネマティックに仕上げるとか・・・アナモルフィックレンズで撮影すると映画風に仕上がるとか・・・

ブランドン・リーっていうユーチューバーがいるんですけど、この人の動画、真似てみたいです。前にピーター・マキネン氏も紹介しましたけど、新たに私の先生として加わりました。元々はアメリカでリアリティー番組の撮影スタッフとして活動していたとか。今は香港をベースとしてユーチューブを基本、映像学校なども立ち上げています。

カメラワークテクニック

やっぱりまずは素材です。動画素材!色々な角度からの動画、色々な視点からの動画。カメラワーク。ブランドン・リー氏の動画にはストーリーを感じるんです。セリフとかなくてもちゃんと内容が伝わってくるように動画を撮影してくる。特に旅行動画とかどこをどのように切りとってくるかは技術的にも大事。忍者ムーブとか知ってました?

ブランドン・リー氏はジンバルでの撮影に特化しています。本当上手なんです!高い位置から撮影したり、人物撮影では微妙な距離を保ちながら撮影してみたり、色々と勉強になります。アナモルフィックレンズで撮影しているのもブランドン・リー氏の特徴。何度も強調しますけどやっぱり動画素材が重要なんだなぁ、と。

動画編集は楽しい!

iMovieで始めたんですけど、すぐFinal Cut Pro Xへ移行しました。iMovieで編集作業の流れを掴めたのは良かったです。Final Cut Pro Xで今の私は十分。プラグインもインターネットで調べれば色々とあり、手頃な値段で手に入ります。あぁ、こういうことができるんだとか、このような動画はこのようなエフェクトやプラグインを利用していたのかぁ、というのがわかってきました。これならば自分でもできると!

スローモーションはドラマチックに仕上がる

スローモーション、みなさん使ってます。なんかドラマチックに仕上がる感じがして私は好きです。特にスローモーションな流れからスピードランプを仕掛けて動画のスピードに変化を加える編集とかは気に入ってます。これにサウンドエフェクトを重ねると結構かっこよく仕上がるので・・・ドローンの撮影とかでみんな編集作業で使っている感じですか。

スクリプトは必要?

私はスクリプトは書くことにしました。動画撮影開始から終了までの台本ですか。最初にどこから撮影して、どんなカメラ設定で機種から、セルフィーで喋りから入るのか、それともスローモーション撮影して場所展開していくのか?歩きながらの撮影ではどこでゴープロのタイムワープを取り入れるのか?サムネール写真はどうするのか?撮りたい写真はどこで撮るのか?

動画内容のテーマは何なのか?どのような音楽にするのか?何を喋るのか?このようなシミュレーションをノートに書き記して自分の頭の中で整理してから撮影することにしています。出ないと実際に現場に行くとどれをどのようにどんな形で撮影しようかという思考がランダムになってしまい、結局たくさん撮ればいいや、といった感じで撮影にイマイチ集中できていませんでした。

これを踏まえた経験からスクリプトを書いてみることにしたのです。やってみた結果、良いです。こうやって少しずつ自分のスタイルを確立していけたらと思っています。あぁ、でもフルサイズのカメラ欲しいなぁ・・・ユーチューブでマネタイズ、初心者は期待するもんじゃないです。まずは今ある環境でベストの結果を出していくこと。これに集中しましょう!


, , , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes