世界に誇る日本のおもてなし(それって本当にやる必要ある?市場が求めてるもの?)、包む


世界に誇る日本のおもてなし(それって本当にやる必要ある?市場が求めてるもの?)、包む

世界の常識は日本の非常識、なんてこと、言われていましたけど何気ない日本の日常生活習慣、日常生活スタイルが案外諸外国から羨ましがられたりしているんです。日本って極東にある島国ですから独自文化が育って行きやすい環境なのかもしれません。ガラパゴス化ということからもわかるように世界の主流に良い意味でも悪い意味でもそれほど影響されること無く当たり前のように日本人社会に浸透していってしまう。

インターネットの普及や日本に住む外国人が増えたこともあり、日本の生活習慣を自国と比べて良いなぁと感じたり、これは自分たちの文化のほうがまだマシである、と感じてみたり。日本人ってこういうところ、凄く気にするんです。

他人の目が気になる、社会に世間が存在する日本社会ですから、自分は他人からどう思われているんだろう、社会からどのように捉えられているんだろうって気にするんです。で、聞いてみて受け入れられているとわかったら安心してみたり・・・精神年齢子供のままかかもと言われてしまう所以です。

NHK番組「Cool Japan」、いつも楽しく拝見しています。番組の主意は様々なトピックに関連した日本式生活スタイルを取材などを通じて掘り下げていき、これならば海外に発信しても受け入れられるであろう、というものを最終的に決めていく内容になっています。日本に住んでいる諸外国からの人たちに何人か集まってもらいディスカッションスタイルで番組は進んでいくんですけど、私も渡米生活長いですから、その外国人たちと同じ感覚を持っているんです。

日本人の感覚と諸外国からの感じ方、両方を併せ持っていると自分で勝手に自負している私の意見を綴ってみたいと思います。いくつかの日本式生活スタイルは海外に進出、その地に根付こうとしている今の時代。2050年以降の世界経済、大中華経済圏では、イスラム社会では、アフリカ大陸では、欧米社会ではどのようにそれら日本式生活スタイルが日常生活の景色として浸透しているか、などの考察も試みてみます。

日本式生活スタイル – 包む

日本に住んでいると気がつかない、海外から観ると驚くべき生活習慣。今回は包む、という日本式生活スタイルです。まず取り上げるのが驚きの包装技術各種。デパートの包装、コンビニにおにぎり、ブックカバー等。進化するダンボールとは? ダンボールの中に水を溜めて金魚を泳がせても水がもれない、ダンボールも水分を吸収して変化しない技術!? 経木、と言われても日本人には何のことかわからない人も多いのでは・・・

驚きの包装技術各種

まずは日本のデパートで商品購入の際目にする丁寧な包装。お店の名前の入った包装紙、お店の名前の入ったテープなど日本独自と言ってもいいかもしれません。そして極めつけはテープ一つで留める技。

箱型の商品を包む際、奇麗に商品を包装した後、テープを1箇所しか止めない技術。商品を開いた時(一箇所に留めたテープを剥がした後)にパーッと綺麗に広がる仕組みなんだとか。丸い円柱型商品も一枚の包装紙で幾つもの美しい折り目が作られ、テープは最後の1箇所のみという美しい仕上げ。きっとどんな形の商品でも、その商品特有の包装技術で奇麗に仕上げてしまうのでしょう。

複雑な包もスピーディにやってのける技、あっという間にその場で綺麗に仕上げてくれる技を日本以外で見かけることは殆ど無い思います。まず海外では購入した商品を包むという習慣はその商品がギフトという時のみ。お金をエスストラで支払い、ラッピングをしてもらうのが普通です。

日本のデパートのようにその場で奇麗に無駄なく行う包むという技術は折り紙文化から来ているのかもしれません。他に一枚の紙で仕上がっているものといえば折り型などが挙げられるでしょう。一枚の紙で出来ている祝儀袋、祝箸の袋、香典袋。

他にもユニークな包装技術があります。その一つがコンビニのおにぎり。手も汚れない、簡単に開けられし、食べるのにお箸もフォークもいらない便利な商品。この包装技術が驚きらしいのです。日本人にとっては当たり前のことですが、まだまだコンビニのおにぎりのようなラッピングを目にしたり、実際おにぎりを手にとって包を綺麗に剥がすという体験をしたことのない人が海外では一般的だということらしいです。

まだまだ日本に存在する不思議な包装技術、ブックカバーもその一つです。パブリックで何を読んでいるか知られたくない時に便利、本の状態を良い状態で保てるということなどが良い点として上がっていました。新鮮な見方としては、逆に海外では必要性を感じないというもの。変なものを読んでいると疑われる、といった見方もあるようです。

ガムの包み紙。一つ一つ個別包装というのもユニークで便利なアイデアだとか。ガムを捨てる時包み紙を利用して捨てる便利さというのが日本独自ということらしいです。海外ではまず紙ナプキンやお店で貰うレシート等に貼り付けて捨てたり。ひどい人になるとパブリックなものに貼り付けたりするんです。レストランのテーブルの下とか、図書館の机の下とか。

お弁当を包むという習慣も日本独特ということです。後は物を包む時に利用される風呂敷。一枚の布なんですけど、風呂敷を使用しての様々な包み方もいろいろあってユニークです。ワインの包み方。物を包んだ風呂敷そのものがプレゼントになる仕組み。包装紙を使わないので環境に優しいとか、ゴミが出ないのが良いという見方があるようです。

奇麗に包むという習慣は日本人としては当たり前のことのようですが、この習慣にどのような背景があるのでしょうか? まず包むってことはそれだけ相手のことを想っています、という意思表示に繋がるということです。

他にも日本の文化の中に大事なものは奥に隠す、奥行きを大切にするという習慣も存在するとか。例えば古い日本の家、門があって玄関があって、客間まで行くのに距離がある。大事にものまで一個ずつ開けていく楽しみ、という文化が含まれているようです。

進化するダンボール

カメラ機材などが奇麗に収まったダンボールを見せていただきました。元の作りは一枚のダンボールからなんですけど、折り目や切込みを工夫して複雑な立体にしているようです。このダンボール加工技術が凄いんです。

日本のダンボール老舗とも言われる様々なダンボールを生産している会社の工場は埼玉県川口市にあります。ダンボールという日本語を産んだのもこの会社!レンゴー株式会社(Rengo Co., Ltd.)のことでしょう、大阪府大阪市北区中之島二丁目に本社を置く総合パッケージング・メーカーです。

全長120メートルも在るダンボール製造機。分速300メートルで流れる原紙。それが3枚重なってできるのがダンボールです。ダンボール自体の仕組みは中しんと呼ばれる波上の紙を上下の紙が挟んでいます。

製造過程はまず、2つの歯車の間に中しんを通して波を付けます。その時にダンボール波上の先端にノリをつけ、上の紙を貼り付けます。反対側にも紙を貼り合わせるとダンボールの出来上がりというシンプルさ。仕上がりまで20秒ということです!

製造量日本一を誇るこの会社、原料の97%は再利用されたダンボールで賄っています。全国25箇所の工場で形の違うダンボールを一日に400種類製造してるんですけど、最新のダンボール技術はここまで来ているのか、という感じです。

耐水性ダンボールってご存じですか? 冷凍の水産物を運ぶため、内側に耐水塗装がされているんですけど、この耐水性ダンボール、中に水が溜まっていてその中で金魚が泳いでいるこの状態を一ヶ月ほど保つことができる優れもの! 水を含んでしなびたり形が崩れたりしないそうです。実際の映像は驚きでした。

他には苺を運ぶダンボール、ダンボール中は宙吊り機能が施されています。箱の底と触れずに苺を傷めず運ぶアイデア商品だとか。ダンボールを組み立てる時、ホチキスを必要としないダンボールもあります。生鮮食品を運ぶ際、異物混入を避けるために広く使われているそうです。

開けやすくする切り込み、開けた部分を固定する切り込みが付いているダンボールも存在していて、この様子だと包むということに特化したダンボールの開発はまだまだ進んで行く予感がしました。その開発ですが、15人の技術者が設計を担当しています。

ダンボールに包む商品に沿った設計をした後、サンプルを創りだし、運搬するときの高さから落としても中身に損傷がみられなければその特殊仕様のダンボールは合格となります。番組では日本酒などを包むダンボールの開発等をしていました。落としても瓶が割れないように底にクッション機能を持たせているダンボールです。

消費者のために利便性を追求するダンボールですが、海外では一般的に緩衝材を多く使用しています。ダンボールと商品の間に出来た隙間に緩衝材を詰めていくのです。発泡スチロールの小さいものを大量に詰めたり、ビニールに空気を入れて小さな枕状のものを詰めていったり、という具合です。発泡スチロールやエアピロウを利用するのはパッケージの軽量化を計り、発送料のコストを下げるためです。

eBayなどが発達しているアメリカでは個々人が行う商品取引の際、梱包などは自分で行うのが基本です。この時、発泡スチロールやエアピロウなどの緩衝材を使用するんですけど、パッケージを貰った受取人にとってはこれらの緩衝材は無駄以外の何者でもないです。ゴミの処理として面倒な緩衝材を大量に頂くわけですから。

届ける各々の商品に特化したダンボールならば再利用可能だし、アメリカ社会で広く受け入れられるのではないでしょうか!様々な商品をダンボールで梱包する際の設計図だけを特許として扱い、広く多くの人に利用できるようにオンライン上からダウンロードしてもらう。後は3Dプリンターなどで特別仕様のダンボールを製造してしまえば無駄に使われる緩衝材は必要ないわけです。3Dプリンターで作成するコストが下がれば広まる可能性が在ると思います。

経木

経木って何?という日本人は多いと思います。私もその一人、番組での紹介を観るまでは。でも日本社会の至るところで、日常生活の中で、経木は使われているんです。例えば納豆やおにぎりを包む経木。古くから使われてきた木を削った包装材のことを経木と言うんです。

長野市の山間にある経木づくりの職人さんを訪ねて行きます。まず見せて頂いたのが食品を包むための薄経木。紙のように薄く、向こうが透けて見えるほど。およそ約0.2ミリという薄さ。食品を包んでも折れないように極限まで薄くした経木です。

原料は地元長野で育った赤松を使います。粘り気があり、コシが強く、松脂を多く含んでいるためしなやかで丈夫な赤松。まず赤松の丸太を経木の幅に切って角材を作ります。木目を確認し、一本の木の中にある強い部分と弱い部分を見極めていきます。弱い部分を薄く削ると穴が開くことが在るので、年輪の幅が狭い木の木目(組織が強い証拠)を選んで削っていきます。

自然の木は育った環境によって曲がりやねじれなど一本一本異なるそうです。それを見極め経木に適した丈夫な部分を加工していく作業。その後は削りだした角材を実際に鉋にかけて薄く削っていく作業へと移ります。薄く削りとった経木を束にして乾燥させれば出来上がり。

木材で出来た経木は包んだものの水分を吸ったりはいたりといった調整する機能を併せ持ち、昔からの知恵が詰まった包装材ということで、手打ちそばのお持ち帰り用パッケージなどに利用されています。

仏教のお経を薄い木の切れ端に書いたのが始まりの経木ですが、通気性があって蒸気が在るうちは熱を逃がし、保湿性があって中の食物が乾燥するのを防ぐ役割を備えている優れもの。捨てるときにはバイオマスとして活用できる環境に優しい資源でも在ります。

2050年以降の世界経済

経済史のアンガス・マディソン教授によると、中国のGDPのピーク時は1820年で、そのときの規模は世界の33%を占めるほどの世界規模であった。現在はまだ世界の10%に過ぎない経済規模であるので、まだまだ途中経過であることを理解しておいた方が良い。折角これだけ勢いのある経済が隣国にあるのだから、いかに協調して双方が発展する経済協力を果たすかを、百年計画で考えた方が良い。

世界史を紐解けば中国が世界最大の経済規模だった期間は長い。つい最近でいえば、1880年代の光緒帝(ラストエンペラーの1代前)の清王朝までは、2千年以上世界最大の経済規模だった。この中国の定位置だった世界一の経済大国の称号が、1世紀ばかりのインターバルを置いて元に戻ることになる。日本にとっては悔しいことだろうが、世界の中から見ればこれは通過点に過ぎない。(10秒で読む日経)

浸透度を予測してみる

大中華経済圏では日本式生活スタイルの包むという習慣が取り入れられているかもしれません。おもてなし文化の包む文化を洗練されたとか、優しさを感じる中華系の人は多いような気がします。同じアジア人という気質も受け入れられやすい要素として私は考慮しました。後は進化したダンボールなども普及していきそうが予感がします。

親日国家、インド社会でははどうでしょう? ポイントは貧富の差が存在し続ける、という社会構造でしょう。包む習慣はそれらを行う余裕が下層社会に広まるとは考えにくいです。イスラム社会でも包むという習慣に必要性を感じるのかどうか疑問です。

アフリカ大陸でもものが日本のように充実しているとは想像しがたいですから、包む習慣は普及しないでしょう。欧米社会でも今現在のギフト用商品にだけ別料金で包装を施すという習慣以外は存在していないような気がします。

進化するダンボールは先に紹介したアイデアが浸透するならば普及する可能性が在るのではないでしょか。レンゴー株式会社が、様々な商品をダンボールで梱包する際の設計図だけを特許として扱い、広く多くの人に利用できるようにオンライン上からダウンロードしてもらう。3Dプリンターなどで特別仕様のダンボールを製造してしまえば無駄に使われる緩衝材は必要ないくなり、世界中の流通過程で活躍していると想像できるのですが・・・

日本式生活スタイル – in the future(未来)

包むという習慣はこれからも日本独自のものとして長く日本社会に残っていきそうです。様々な包装技術は折り紙文化の延長だと思えばどれぐらい昔から日本社会に根付いている文化でしょうか!進化するダンボール、世界中の流通過程における梱包材としてでニーズがありますから色々な特別仕様のダンボールが開発されていくことでしょう。そして経木ですが日本独自の文化として、伝統を守り続ける意味でも是非残していってほしい習慣です。

まとめ – おもてなしの心、包む

私は、包むってことはそれだけ相手のことを想っています、という意思表示に繋がるということを知り、感動いたしました。そのような配慮が普段の日常生活の中で行われている日本社会の優雅さに、日本人らしい淑やかさを感じます。包むという性質や動作がもの静かで上品であるさま、また、つつしみ深いさまは折り紙という紙一枚から様々なものを表現する日本人独自の知恵と遊び心に繋がるのではないでしょうか。

しなやかに無駄なく包む、進化するダンボールも中に入っている商品を優しく包む感じです。経木などは繊細な梱包材の究め。和を持ってすべてを丸く収めていく日本社会、日本人気質がこのような包むという習慣に繋がっているのかもしれないと思いました。


, , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes