写真管理と現像処理はAdobe Lightroomで簡単創作活動!


写真管理と現像処理はAdobe Lightroomで簡単創作活動!

スマートフォンで簡単に誰でもそれなりの写真を撮れるようになった時代。もう一歩先へ進んでマイクロフォーサーズ、フルサイズミラーレス、フルサイズ一眼レフへと自分をアップグレードしようと考えている人、写真管理と現像処理はAdobe Lightroomを利用するのが便利です。

月額利用料金を支払い自分のパソコンへダウンロードして使うんですけど、私も使い始めたのは去年から。Adobe Lightroomのお陰で一度冷めていた写真創作活動を再びやってみようという気持ちを持つことができまた。新しいソニーミラーレスカメラ欲しいなぁ・・・

ライブラリーとプリセット

まず写真管理!撮った写真が多くなってくるとどこで管理しようかということを考え始めます。Adobe Lightroomのライブラリー機能は便利で簡単に写真を管理することができるのでオススメ。それぞれの写真にキーワードを与えたり、インスタグラムに利用した写真はフラッグをつけて選別したり、似たような写真はスタック機能でまとめたりすることが出来ます。

そして私が気に入っているのが写真の現像処理の時に利用するプリセット。インスタグラムのフィルター機能と似た要素のことで、簡単に撮ってきた写真をプロ並みに仕上げることができるのです。プロのカメラマンなどはプリセットを利用しないで、自分の力量で現像処理を行いますが、私はまだそこまでの作業を求めていません。

露出補正だったり、ホワイトバランス、ヒストグラムなどを利用して写真のカラー補正を行なっていくのですが、これはこれでまた一つの楽しみでしょう。あれ、俺ってこんなに写真、上手だった、と良い意味で勘違いさせてくれる要素がプリセット機能だと思っています。

勿論、この現像処理を行うには写真をRAWで撮ることが前提。多くの情報を写真に与えてくれるので後から現像処理を施す場合にRAW写真だと編集の幅が広がり、想像力を掻き立ててくれるのです。写真を撮る段階のコンポジションはまた別の話ですけど・・・

Adobe Lightroomを知ってから写真を楽しめるようになった

クラウドバージョンよりデスクトップバージョンのほうが今のところ使っていて満足しています。将来的には全てクラウドソースに移行する可能性あり?iPad Proの進歩次第でしょう。素材(写真)を仕入れてくる、素材の吟味、仕込み、準備、調理、料理の味付け、皿盛りつけなど、Adobe Lightroomで出来ます。私にとっての位置付けは次のような感じ!

  • Adobe Lightroom:プリセットを利用して写真をアーティスティックに
  • Adobe Photoshop:写真を幻想的に扱う、イリュージョンの世界へ

どの分野でも関連したソフトウェアの使い方をある程度マスターすると、自分を有利に展開できると思っていて、写真管理、現像処理ではAdobe Lightroomがオススメです。プリセットはネットで調べれば無料のものから有料ですがセットになったものなどが手に入ります。

デジタルカメラを新しく手に入れたならば是非、写真をRAWで撮って、その後の現像処理を楽しんで下さい。おすすめはプロたちがカラーコレクションしたプリセットを利用することです。お友達から、写真、凄いねぇ!って言われちゃってください!!


, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes