思想家に見えたサッダーム・フセインの死際


思想家に見えたサッダーム・フセインの死際

サッダーム・フセインが絞首刑にされた。

2006 年 12 月 30 日 、サッダームは、バグダードにて絞首刑による死刑が執行され刑死。 69 歳没。 フセインはイラクが核兵器を開発済であり、核兵器を完成させて密かに国内のどこかに隠し持っているかのように振舞い続けた。

死の直前にあたり裁判関係 者から「なぜ、かかる愚かな行為をしたのか」と問われた際、フセインは「核兵器を持っていないことが明らかになると、核を持っているイランに攻め込まれ 国家がなくなってしまうのではないかとの恐怖があったから」と答えている。

ビックリである。裁判で判決が下されてからまだ56日しか立っていない。あの判決が出た後、実際に刑が執行されるのにはまだまだ時間がかかるだろう、というのが大方の見方であった。それがこの2006年も終わろうとしているときにいきなり実行されてしまった。審議を問いたださなくてはいけない質疑もまだ他にもあるのに。

比較的小規模な1982年のイスラム教シーア派虐殺事件「ドゥジェイル事件」のみ。処刑に より審理中だった80年代末のクルド人虐殺事件での訴追は打ち切られる。90年のクウェート侵攻や91年の湾岸戦争後のシーア派弾圧といった大 きな事件は起訴すらされずに終わった。

さらに裁判は当初からスンニ派勢力などから「米国の利益のための裁判」「フセイン政権に弾圧されたシーア派とクルド人による報復裁判」と批判されたがそうした批判を封じるのは、公明正大な裁判で元大統領らをきちんと裁くことによってのみ可能だった。

実際には唯一結審した「ドゥジェイル事件」裁判の公平性について国連や人権団体から批判が続出。死刑を執行しないよう求める声 が国際社会で広がっていた。それに挑戦するかのように拙速とも言える処刑に踏み切ったことで真相解明より報復を優先したとみられかねない。

偉大な作家や思想家、哲学者のような顔つき

ニューヨーク・タイムズにサッダーム・フセイン絞首刑直前のビデオが載っている。そのサッダーム・フセインの表情をみて思考をめぐらさずにはいられなくなった。サッダーム・フセインの表情が偉大な作家や思想家、哲学者のような顔つきになっていた。

昔の独裁者の頃のような頬がふっくらとした面影などなく、裁判での判決を講義するサッダーム・フセインにはまだ生命感みなぎるエネルギーを感じたものだが、あの絞首刑を受け入れるサッダーム・フセインは何か自分の考えが世界に受け入れられない悲しみを受け入れる思想家に感じた。

もしサッダーム・フセインに少しばかりに時間が与えられて、後世に自分の自伝書を残すことが許されていたならば僕はそれを読んでみたいと思った。もしかしたらサッダーム・フセインは自分がパペットだったことを認めてもらいたかったのか? あの絞首刑を受け入れたサッダーム・フセインの表情の奥深くに隠された独裁者の思想を感じた。

絞首刑はほぼ即死

ここまではサッダーム・フセインが処刑された直後のニュースを見て書いたものだったが、お正月ということもありブログ更新には反映させず今日4日まで待った。その間30日と31日の YouTube ではほとんどサッダーム・フセイン処刑シーンで埋め尽くされ、多分出るだろうなぁと思っていた絞首刑実行後までの映像が出だしたのが新年明けての1月1日頃。

年初め早々暗いニュースを題材にエッセイを書くことは躊躇した。それにしても実際の絞首刑というのはほぼ即死、ということは知らなかった。床が外れたかと思うと自分の体重が首にかかり、そのまま首の骨が折れて死んでしまうのだろう。

あの暗闇の中、焦点が定まらない目で口をポカーンと開けたままぶら下がり続けるサッダーム・フセインの映像は衝撃的だった。周りではアッラーフ( اللّه Allāh )に祈りをささげるかのような雄叫びが響き渡る。

この映像は瞬く間に全世界に(多分アンダーグランドサイトを通して、 YouTube とか Google Video )流れ、インターネットがなかったころでは想像もつかなかったインパクトを人類に与えた。そして昨日、あるブログの記事を発見。どこまで本当かはだれにもわからないがなんとなく信じたい内容であった。

Ellis 氏は 1 日、 CNN の取材に応じて、フセイン元大統領は「礼儀正しく物静かな人物だった」と語った。「いつも奥さんや子どもたちのことを話していました。熱心な読書家で書き物をするのが大好きでした。

自分で書いたという小説をたくさん持っていましたしあの当時も何かの論文を毎日書いていましたよ。私が監房を訪れるたびにいろいろなものを読み聞かせてくれました」( 物静かな読書家でジョークが好き、 看護師が語る獄中でのフセイン元大統領 )

自分の考えが社会に受け入れられない寂しさ

僕が感じた思想家という雰囲気は間違っていなかった。ガリレオ・ガリレイやジャン=ジャック・ルソーのように自分の考えが社会に受け入れられない寂しさをサッダーム・フセインも感じたのだろうか? サッダーム・フセインはひどいことをしたというのは事実である

しかしそれ以上にアメリカやイスラエルももっとひどいことをしている。ただニュースの出所は西側諸国からのプロパガンダを含めたニュアンスに陥りやすい。今現在も続いているイラクでの内戦、シーア派とスンナ派の長い争いの歴史の中でサッダーム・フセイン時代の独裁時期はほんのひと時の出来事だったのかもしれない。

同元大統領が人道に反する罪で死刑となったことについて、 Ellis 氏は「とても残念に思っています。フセイン元大統領は終身刑にすべきでした。そうすれば、予測されていたイラクでの治安悪化などを阻止できたかもしれません」と述べた。

いろいろなところから圧力がかかっていたのだろう。サッダーム・フセインが長く生きながらえて、様々なことが暴露されては困る人なんかが圧力をかけた? サッダーム・フセインはパペットとして利用されたんだとおもう。中東はどのような勢力図になっていくのだろう?

アメリカ社会が感じる消えない不安

サッダーム・フセインが処刑されようがアメリカがイラクから撤退しようが、アメリカ社会の潜在意識に宿る、“きっとまた攻撃されるかもしれない、いや、攻撃されるだろう”といった不安感はまだ当分の間、消えることはないであろう。

2006 年 12 月 30 日イラク時間午前 5 時半頃(日本時間午前 11 時半頃)、アメリカ合衆国軍の収容所からイラクに引き渡され、手錠を掛けられたま ま死刑執行室に入れられた。収容所を出るときはもがくようだったが最後にはほとんど抵抗せず執行の進行に従順であった。ルバイエ国家安全保障顧問によ ると、サッダームは脅えており、恐怖が顔に表れていたという。

また、自分に言い聞かせるように「こわがることはない」と話していた。サッダームはなぜかコーランのコピーを所持しており、これをバンダルという人物に渡すことを求めていたという(このバンダルとは、元革命裁判所長のアワ ド・ハミド・バンダルの息子のことであると一部報道では伝えられている)。

そしてサッダームは首にロープを巻かれる前に「神は偉大なり。この国家は勝利 するだろう。パレスチナはアラブのものだ」などと叫んだ。イラク時間午前 6 時 5 分頃、首都バグダードにて絞首による死刑が執行。サッダームの死体は、故郷であるティクリート近郊のアル=アウジャ村へ輸送され、 12 月 31 日に埋葬された。


, , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes