移民受け入れ案、日本の場合


移民受け入れ案、日本の場合

我慢強い? 無抵抗? サラリーマン諸君! ちょっと気になるニュースを耳にした。注意して聞き耳を立てておかないと、新たな法案が次々に可決されてある特定集団が得するように仕向けられていく。

青少年のためだというインターネットや規制法や姥捨て山になりそうな日本社会を目指すと勘ぐられてもおかしくないような法律やら、 iPod 課金法など短期的な視野にたって解決策を取りあえず作成しているようで、本当に長期的な視野にたっての議論や思考が行われているのか?

こういうとき日本で一番被害に合うのは働いているサラリーマンたちなのだ。日本では一番ここの層に反抗する力がないというか、社会的な雰囲気の醸成もあるのだろう。こういうものに邪魔されないようにして生きていかないと気がついたら周りも怒りはしない抵抗しない、文句もいわないで、ずるずると時間だけがすぎて結局我慢を強いられるだけの人生になってしまう。

日本の移民政策

自民党の「外国人材交流推進議員連盟」(会長=中川秀直・元幹事長)がまとめた日本の移民政策に関する提言案が7日、明らかになった。人口減少社会において国力を伸ばすには、移民を大幅に受け入れる必要があるとし、「日本の総人口の10%(約1000万人)を移民が占める『多民族共生国家』を今後50年間で目指す」と明記した。週明けの会合で正式に取りまとめ、福田首相に提案する。

1000万人規模の移民は、現在、永住資格を持つ一般・特別永住者(87万人)の約12倍にあたる。案では、これら移民と共生する「移民国家」の理念などを定めた「移民法」の制定や「移民庁」の設置を提言。地方自治体に外国人住民基本台帳制度を導入し、在日外国人に行政サービスを提供しやすい態勢を整えることなども盛り込んだ。

入国後10年以上としている永住許可を「7年」に緩和するよう求めたほか、年齢や素行など様々な要件を課している帰化制度も、「原則として入国後10年」で日本国籍を取得できるように改めるべきだとした。

増える移民者たちの犯罪率

少子高齢化社会ということもあり、先行き細くなるばかりの国内GDPなどを補うには日本の外から人々を連れてきて、足りない分を補えばいいというようなニュアンスのする政策である。これはちゃんと時間をかけて慎重に進めないと、とんでもないことになるからね。ある程度の基準を設けて、選別していかないと。

というのは例えある程度の基準をもってして選別していっても、これらの移民が絡んだ犯罪が必ず増えることを僕はどうしても危惧してしまう。最初から移民してくる人たちに対して失礼な言い方かもしれないけど、やっぱり海外での生活は大変だからね。

日本政府や国民に外からの移民を受け入れる精神的な土壌ができていればいいんだけど、サポートもなにもない、ただ日本人がしたくないような事柄を自分たちに押し付けているだけだ、となった場合というか移民側が感じ始めた場合(かなりの確立でなりそうなんだけど)、これらの移民は集団で自分たちを守るようになるだろうと予測される。

そうでなくても同和のひとたちや在日韓国人に対して、日本人は冷たいでしょ。外人という字からしてもう日本人とは、自分たちとは違う、受け入れがたい存在なんだよね。

白人とか黒人、ラテン系などは日本人からチヤホヤされるかもしれないけど、同じアジアの自分たちより経済や国の発達が遅れていると勝手に日本人が判断している国々の人々の待遇には疑問点が消えないなぁ。そのような人たち、移民の人たちが日本人と同じような生活環境を手に入れることができないと治安が悪くなりそうな気がするんだよね。

異質な外国人を受け入れることができるのか?

今の日本の社会を見てご覧よ! 格差社会、非正規雇用、いじめなどの問題が解決していないでしょ! 今度移民の人たちが入ってきたら、この人たちが今までいじめられてきた日本人からいじめられるようになりはしないか心配だよね。

新たなターゲットというか自分たちと違うというだけで、日本人は平気でいろいろな危害を加えそうな気がするんだよね。もともと閉塞的な国民気質だし、日本人に自分たちとは異質なものを受け入れる許容量というか自分たち日本人も今現在ほとんどの人が余裕のない暮らしの中でそのような新たな気質を育むには時間と努力が必要な気がするんだけど、いかがだろうか?

荒れる地方、都市部のスラム化

都市部とかにスラムができるだろうな。危ないのはお年寄りばかりの地方なんだよね。このような地方に移り住み、日本人のお年寄りもみんな死んでしまって、道路を作るだけの財政をしてきた地方が移民たちの住処になりそうでね。

そういう地方が日本政府は何もしてくれないから、国内、国外のマフィアなどを頼って生活するようになると、日本の治安は荒れるぞ! 日本の警察も踏み込めないような地方の存在も出てくるだろうし、密輸も増えるだろうな。漁業も農業もマフィアが押さえることになったら、日本に住む日本人に様々な形で影響を及ぼしてくるであろう。

村上龍氏の「 五分後の世界 」の中みたいだね。混血も増えるだろうから準国民とかいうレッテル貼られてね。戦争で負けることなしに、戦略されることなしに、日本人以外の国の民族を受け入れることがその後の日本人にどのように影響してくるのか?

民主主義も所詮、自分たちが望んだ、切望したものではなくて外から与えられたもの。よって日本の民主主義って本家と比べると歪んでしまったよね。この移民政策も国民が切望しているわけではなく、仕方がないから、しょうがないから、というもの。なんか日本人の性格が歪んでいきそうで不安なんだよね。

P.S.2008年6月29日追記

人口動態の変化

出生率を 1.26 と仮定した中位推計によると、日本の人口は 2050 年で約 9000 万人、 2100 年では約 4500 万人にまで減少する。人口置換水準の出生率は 2.07 、現在の出生率は 1.32 であり、このままでは人口は持続的に減少する。

女性の将来推計人口によると、生涯未婚率は 24 %、生涯無子率は 37 %、孫を持たない確率は 50 %となる。男性についてのこうした試算はないが、女性同様ないしはそれ以上の急速な変化が予想されることから、今後の世代では子や孫などの家族を持たない割合が増え、高齢期の介護などを家族に託すことが困難となり得ることが示唆されている。( 「人口動態の変化と財政・社会保障制度のあり方に関する研究会」 )

日本国外へ逃亡

郷ひろみの歌「 2 億 4 千万の瞳 」とは日本の人口が1億2千万人で人の目が二つといった意味でこのタイトル数字となったんだけど、それが2050年で9千万人になり、2100年には4千5百万人にまで減少してしまうという。

人口の減少の原因として女性が子どもを産まないというのもあるだろうが、僕が注目しているのは日本人による日本逃亡である。今後、多くの人、特に女性は日本という国を出て海外で生活、現地の人と結婚、出産、子育て、というパターンも増えていくと思われる。

海外で多くの2世が誕生するであろうし、返ってその事が日本文化への回帰、正しい日本語、日本の歴史を守っていこうという動きになるかもしれない。

イギリスでは今何が起こっているのか?

2004年の欧州拡大に伴いイギリスは寛容に東欧を中心に移民を受け入れ、イギリス経済発展に欠かせない存在となっていたのは周知のとおり。彼らは低賃金でもまじめに働くことから、(高水準とはいえ)インフレ抑制効果もあったといわれているが、予想をはるかに上回る移民増となって、2年ほど前には政府が移民政策の修正を検討し始めたほど。

そして経済発展が足踏み状態になったところでふと気がつくと東欧移民に職を奪われて、もしくは低賃金の仕事を毛嫌いする理由からイギリス人の「プー太郎」が増加しているという事態。

特にフードで頭をすっぽり覆う「フーディーズ」とも呼ばれる若者の非行が社会問題になっており、ロンドンではナイフ犯罪による若者の死が報道される機会が増えているという実情。若者犯罪の削減は5月に当選したロンドン市長の掲げるマニフェストの一つでもある。(『ロンドン~スクエア・マイルから』 – JMM [Japan Mail Media] No.485 Thursday Edition )


, , , ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes