2018 FIFAワールドカップ、新たな領域に入ったサッカー日本代表


2018 FIFAワールドカップ、新たな領域に入ったサッカー日本代表

ベスト8をかけた戦い、ベルギー代表との試合観ましたか?まさかの展開で喜怒哀楽をこれほど短時間で経験したことはない、というぐらいのハラハラドキドキの試合内容。本気のサッカー日本代表試合、シンドイですけど4年に一度出来る体験。これからもサッカー日本代表と付き合って行きたいと思います。

ベルギー代表相手に2点リード。期待していない中でのゴールシーンは気がついたら体全部で喜びを表現しています。特に2点目はすぐに追加得点したんで、マジで歓喜の雄叫びをあげながら跳ね上がっていました。本当に嬉しかったです。あの瞬間に経験した嬉しさは日本人としてこの先、絶対に忘れることできない体験となりました。

多分、日本国民は初めての経験だったと思います。4年に一度のサッカーワールドカップ、決勝トーナメント1回戦で優勝候補相手に前半2点リードという展開。選手自身も含めて初めての経験。そりゃ、戸惑いますって、経験したことないですから。えっ、もしかしたら・・・ベスト8、行ける!?

2点守りに行くのか?メンバー交代どうするのか?想像力、足りなかったです。どこかで点を入れられるんじゃないか、という不安は日本国民のほとんどが共有していたことでしょう。不思議なことに試合はそのような展開になって行きました。皮肉なもんです。どこかであぁ、やっぱり追いつかれたかぁ、と望んでいたのかも・・・

1点入れられ、2点入れられ、まさかの同点。この時点で再び得点して絶対にこの試合、勝つんだぁ、という気持ちを持った選手、コーチ、監督、サポーターを含め、ベルギーの方が多かったのではないでしょうか。我々日本人はこの領域を経験したことないから。

サッカーワールドカップでベスト8進出。この領域に入って行きたいです。サッカー強豪国日本。やばっ、グループリーグに日本が入っているよ、と恐れられるサッカー日本代表。サッカー日本代表の試合、面白いから観る価値あるよなぁ、と世界から期待されたいです。

強豪国相手に勝てる展開を生み出せる状況までやってきました。後はきちんと勝ちきれるかどうか?決勝トーナメント進出してベスト8入り出来るイメージを日本国民が共有できるかどうか?まだまだですかぁ・・・

メキシコ代表なんて6大会連続、決勝トーナメント1回戦で敗退しているとか。24年間ですよ!それに比べたら我々の歴史なんて始まったばかり。日本国民サポーターにこのような悔しさの歴史的蓄積はまだまだ浅いです。残り30秒でも集中力が途切れたら負けるんです。想像できなかったですよねぇ、あそこからの展開は。でもベルギー代表は想像できていたんです。あのカウンターアタックは見事でした。

サッカー日本代表はこの先、どこまで行けるんでしょう?私が生きている間にワールドカップ優勝という瞬間は訪れるのでしょうか?少なくとも今回はもしかしたら、という経験はできました。やっぱり全然叶わなかったなぁ、という感じで敗退するのとは全然違います。我々は新しい領域に入ることができたのです。ありがとう、サッカー日本代表!


, ,

Powered by WordPress. Designed by WooThemes